もし、走ってすぐにアクセルを深く踏み込むということをしている場合どうなるかといいますと…

 

一つ例を挙げると、エンジンがあったまっていない状態でアクセルを踏み込むというのは、メーカーの設計者が想定していないエンジンのクリアランスとなってしまう。

 

エンジンのピストンとシリンダーの隙間、膨張率が違うわけですから、ある程度の温度が一定になって、ある程度設計の値に近づかないときに、無理にアクセルを踏んだりすると、シリンダーにとっては非常によくない状態となってしまう。

 

だから、走り始めて、すぐにアクセルを深く踏み込むというのは、よくないといえるわけです。

関連ページ

実際にオフロード・悪路・林道を走ってみて
安心感があります。
運転するときに心がけていること
エンジンオイルのこととか。