乗り心地は悪いが運転してみれば楽しい車です。カスタムが楽しい。

 

乗り心地は悪いほうだが、非常に愛されている車です。

 

私の長年愛用している愛車はスズキの名車ジムニーです。

 

最近の驚くほど燃費が良く、乗り心地も良くて室内の広い軽自動車になれている人が乗ればきっとジムニーは乗り心地が悪いし、狭くてうるさい上に重心が高いのでふらつくことも多いので扱いづらく不便な車と思われる事でしょう。

 

しかし私のようにジムニーにはまり、ジムニーに乗り続けている方は日本中に山のようにいます。オーナーズクラブやジムニーオンリーのチームまであるほどです。

 

 

オフロードで、潜在能力を発揮します。

 

なぜこれまでジムニーが愛されるのか私の持論ではありますがお話していこうと思います。

 

まずはその見た目です。戦車のようなタフで無骨なボディが少年心をくすぐるのでしょう。

 

そして四輪駆動にターボまでついているので走れば加速に優れ、力強い走りとどんな悪路であっても突き進むことができるそうは性能を備えています。

 

例えば山道の凸凹した登りや下り、河原で岩がごろごろしているような普通の車では走ることなどとてもできないような環境であってもジムニーという車はお構いなしにグイグイ突き進むことができます。

 

一般道や高速道路ではフラフラとして横風にも弱く安定せずにいた時とはまるで別人のようにオフロードではイキイキと潜在能力をフルに発揮することができます。

 

 

カスタマイズが楽しいです。

 

ノーマルの状態でもオフロードを存分に楽しめるジムニーですがジムニーのもう一つの楽しみ方はズバリ!カスタマイズです。

 

カスタムをすることでノーマルよりも高い能力を身に着けることができるのでジムニーがさらに楽しい車に大変身してくれます。

 

ジムニーを愛する方の多くはその作業を楽しんでいる方が多く自分でパーツを購入して取り付けたり改造したりを楽しんでいます。

 

私自身もジムニーをカスタムしていますが、すべて自身で改造をしています。

 

カスタマイズすることでノーマルの状態では何の変哲のない車であっても個性が出て自分だけの一台になります。その快感を味わうこともジムニーの楽しさの一つであると私は思います。

 

 

車体の傷は勲章。ジムニーは乗ってみて楽しさが分かります。

 

最後にこれはジムニーだからこそ似合うと私が勝手に思っているポイントなのですが、本格的にオフロード走行を楽しんでいるジムニー乗りの方のジムニーの多くがボディが凹んでいたり傷ついたまま気にせず乗っていたりします。

 

通常ならば傷やヘコミはみっともないので修理してしまう方がほとんどでしょうがジムニー乗りの場合、車体の傷は勲章とされ、傷ついたボディに皆ただならぬ愛着を持っています。
いろいろジムニーの魅力について語りましたが、ジムニーの面白さは乗ってこそわかると思うので機会があれば皆さんにもぜひ乗っていただきたいと思います。