スズキジムニーについて選んだ理由や欠点、そして安く買う方法について

 

ジムニーかハスラー、どちらを買うか、迷いました。

 

購入車両をジムニーに決める前にハスラーも選択肢にありました。

 

SUV車という利用目的からすると若干ですがハスラーも装備的に選択肢に入っていました。

 

しかし、私の用途は、荒れた道を利用することが多いこと、山間部を走ることが多いことなどの理由から、最終的にジムニーに決めました。

 

ジムニーも色々なグレードがあって、そこは予算とのご相談ということになります。やはり売れ筋はランドベンチャーですね。

 

価格の割りにお買い得感があって、頻繁に買える価格でもない高額出費になるので、後悔をしないためにも一番高い限定車両を選択するのがいいかと思います。

 

 

燃費を気にする車ではないのだけれど。

 

移動には長距離を走ることもありますが、通常走行では60kmあたりでエンジンの回転が2500回転以上をキープしていて、速度を上げるとやはり燃費がきになります。

 

燃費を気にする車両ではないのですが、軽自動車なのでほんの少しお財布が気になるところは改善の余地があるのではと感じます。

 

そのせいで走りが悪くなったりパワー不足というのは困りますが。

 

 

ジムニーを安く買う方法

 

安く買うには、販売担当セールスさんと仲良くなるのも一つの方法です。

 

購入するときに新車や中古車かを迷いました。購入するタイミングと中古車がうまい具合に合えば予算と納得のいく買い物ができるのでしょうけれども、そううまくいくこともありません。

 

安く買う為にはやはり、良いクルマだ出るのを待つということも必要になると思います。

 

スズキのディーラーでもジムニーなどの試乗車が店頭になければ商談がしにくく販売チャンスを逃してしまいます。

 

そこで売れ筋のランドベンチャーなどを試乗車として、ナンバープレートを付けて展示するのですが、いつかは中古車として販売しなくてはなりません。

 

そこで展示車両を見つけては販売担当セールスさんと仲良くなって、売りに出すタイミングを教えてもらうのです。

 

そのチャンスを逃さないように商談を行います。そうすれば新車よりは遥かに安い金額で車両を手に入れることができます。

 

要はセールスさんとの信頼関係ですよね。

 

 

シートベルトの金具がドアの内側に当たるのが欠点です。

 

さて購入して気になる点は一つだけで、シートベルトを勢いよく離すと、ドア側にシートを固定する金具が跳ね上がります。

 

その金具によってしばしばドアの内側に傷が付いてしまうのです。

 

慎重に扱えばどうにかなるのですが「うっかり」はありますし、助手席も気にして乗ってくれる人ばかりではありません。対策が出来ないのかなと感じるところはあります。

 

見晴らしのいい運転席と力強い走り、やはりジムニーにして良かったという気持ちは変わりません。

 

予算内で手に入れることが出来たということもありますが、やはりクルマ(特に中古車・試乗車や新古車)を買う時は出会いなのかもしません。